感動の妊活体験を!最新の記事

社会保険と国民健康保険はどう違うのですか?

社会保険とは、一般的に企業に勤めている方が勤務先を通じて加入する健康保険と厚生年金のことです。一方自営業者の方は、国民健康保険と国民年金に加入するのが一般的です。

 

 

社会保険と国民健康保険、まず、保険料はどうちがうでしょうか。

 

社会保険の場合は、今もらっている給与を基に保険料が算出されます。

 

一方、国民健康保険は前年の所得を基に保険料の算出が行われます。

そのため、会社を辞めて起業し、収入が安定しないうちに国民健康保険への切り替えを行った場合は、保険料の負担が大きくなることも考えられます。

 

 

厚生年金の新規加入ならここ!

 

 

 

 

保険料で比較すると、ケースバイケースではあるものの、国民健康保険の方が負担が大きくなる傾向にあるようです。

 

カバー内容にも違いがあります。

 

大きな違いは、国民健康保険では、出産手当金や傷病手当金が支給されないということです。社会保険の場合は、上記を含む各種給付金は要件を満たせば全て支給されます。

 

今後独立する予定がある方は、社会保険の任意継続をした場合と国民健康保険に加入した場合とを一度じっくりと考えておくとよいかもしれません。

感動の妊活体験を!について


任意整理 どのくらい減る | |誹謗中傷対策